第20回食品ハイドロコロイドシンポジウム

 

主催: 食品ハイドロコロイド研究会

協賛化学工学会、高分子学会、セルロース学会、日本栄養・食糧学会、日本応用糖質科学会、日本家政学会、日本化学会、日本官能評価学会、日本こんにゃく協会、日本材料学会、日本食品化学学会、日本食品機械研究会、日本食品科学工学会、日本食品工学会、日本食品添加物協会、日本食物繊維学会、日本水産学会、日本生化学会、日本生物工学会、日本咀嚼学会、日本調理科学会、日本熱測定学会、日本農芸化学会、日本バイオレオロジー学会、日本物理学会、日本油化学会、日本レオロジー学会、バイオインダストリー協会 (50音順・依頼中)

日時:2009年5月19日() (受付は9:00から開始します)

会場:日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋262

 地図他: http://www.jec.or.jp/koutuu/

 

(プログラム)

 

多糖類と食健康

 

 

945-950

食品ハイドロコロイド研究会の20年

大阪市大生科

西成 勝好

950-1000

食品科学工学の当面する課題

実践女大生科

田島 眞

1000-1030

嚥下障害者用介護食の物性と

ヒト咽頭部における流速との関係

共立女大生科

熊谷 

1030-1100

咽頭部における食塊の移動特性と

テクスチャー特性

昭和女大生科

森高初恵

1100-1145

嚥下の仕組みと誤嚥防止

新潟大歯

山田好秋

1145-1250

昼休み

 

 

 

多糖類と食健康

 

 

1250-1320

食物繊維とハイドロコロイド

京都府大農

牛田 一成

 

食感改良

 

 

1320-1350

圧力移動凍結を利用したゲル状食品

岡山県大保健福祉

渕上 倫子

1350-1420

魚肉すり身ゲル

東海大海洋・水産

加藤 

1420-1450

酵素製剤の水練り製品への応用と現状

味の素

丸山明子

1450-1520

アミノ酸との複合による脱加工澱粉の追求

東京農工大農

高橋 幸資

1520-1540

休憩

 

 

 

エマルション

 

 

1610-1640

マヨネーズのレオロジー

酪農学園大食品

金田 勇

 

油脂機能の高度化

京大農

安達修二

1640-1700

総合討論

 

 

1715-1915

懇親会

 

 

    員:   120名(申込先着順)

申込方法:  web(http://food.hydrocolloids.org/sympo/ )から必要事項をご記入の上お申し込みください。

費:  食品ハイドロコロイド研究会会員:5000円(学生会員1000円)

             非会員:一般 8000円、大学・官公庁 6000円、学生3000

懇親会費:  5000

支払方法:  申込受理後、eメールにて通知。

局:  558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学新産業創生研究センター

       食品ハイドロコロイド研究会 世話人  西成勝好

e-mail: sympofood.hydrocolloids.org

http://food.hydrocolloids.org/